TOEIC点数の上げ方とは?TOEIC点数をアップするには?

TOEICの点数は、入試や就職、転職などでも役立ちますので、TOEICの点数をアップさせるためにがんばっているという方も多いのではないでしょうか。

ただ、中にはいくら勉強してもTOEICの点数が上がらない、目標としている点数に届かないという方も少なくないでしょう。

がんばって勉強しても、点数が上がらないとモチベーションも下がってしまいますよね。では、TOEICの点数を上げるには、どうしたら良いのでしょうか。

そこで、TOEICの点数の上げ方、点数をアップさせる方法についてまとめました。

TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法

TOEIC点数の上げ方とは?

TOEIC点数の上げ方としては、まずはリスニングセクションとリーディングセクションに分けて対策を立てることが重要となります。

TOEICにはリスニングセクションとリーディングセクションがあり、それぞれ英語の聞き取り、読み取りの正確さや熟練度が試されます。

まず、リスニングセクションでは、やはり英語に耳を慣れさせることが大切です。そのため、普段から英語のニュースを聞くなどで対策を行いましょう。

また、リスニングセクションでは、消去法で選択肢を削るという手法も有効ですので、初めに明らかに異なる選択肢を省いておくのもTOEIC点数の上げ方としては、効率的な方法です。

次に、リーディングセクションでは、英語の読み取りの力を鍛えるために普段から英字新聞を読む、洋書を読むなどの対策をとっておくと良いでしょう。

また、リーディングセクションは問題量が多いため、時間配分も重要になります。初めの問題で悩みすぎて時間がなくなり、最後まで問題を解けなかったということがないように、TOEIC点数の上げるためには、パートごとに時間を区切ることが大切になります。

TOEIC点数をアップするには?

TOEIC点数をアップするには、上記で記載したように、基本的にはリスニングセクション、リーディングセクションのために、それぞれ英語の聞き取り、読み取りの力を高めておくことが重要になります。

特に、自分がリスニングが苦手という方はリスニングを集中的に、逆にリーディングが弱いという方はリーディングを重視して、繰り返し過去問や問題集を解くと良いでしょう。
英語力は、特に独学で勉強する場合、基本的には相応の時間を掛けて進めていくしかありませんよね。

ただ、TOEICの場合は、問題の形式や量が決まっていますので、TOEICのための対策をするかしないかによって点数には大きな差が出ます。

そのため、TOEICの点数をアップするには、TOEICの出題形式を理解した上で、対策を立てて勉強をすることが非常に重要だと言えます。

短期間でTOEICの点数をアップさせたいなら

上記で記載した通り、TOEICの点数を上げるにはリスニングセクションとリーディングセクションでそれぞれ対策をして、勉強を進めることが大切です。

ただ、TOEICの試験までにそれほど時間がない、あるいは短期間でTOEICの点数をアップさせたいという方も多いでしょう。

そこで、より効率的にTOEICの点数をアップさせたいという方におすすめなのがラクラク英語マスター法です。

ラクラク英語マスター法は、実際にTOEICで980点を獲得した網野さんという翻訳家の方の学習教材です。

網野さんは現在は10か国語以上をマスターし、翻訳家として活動していますが、英語をはじめたのは30歳からという異色の経歴を持った方です。

ラクラク英語マスター法は、網野さんが英語を勉強してからわずか半年間でマスター出来た方法を教えてくれますので、時間がないけれどTOEICの点数を上げたい、英語力を付けたいという方には非常におすすめです。

TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法

このページの先頭へ