TOEICスコアは就職や転職に有利?履歴書に書いてもいいの?

大学生が就職活動を行う際に、多くの方が資格を記載することに気を使います。資格を何も持っていないのでは、選考に不利になるのではないかと考えるからです。しかし、就職活動に必要な資格というものは決して多くはないのです。

特に新卒採用の場合は、専門性の強い職種や技術系の職種ではない限り、あまり資格は重要視されません。ただし、TOEICでハイスコア取得していると、採用に大きくプラスに働きます。

英語スキルの高い人材をどの企業も欲しており、他の資格を保持していなくても、TOEICが高得点であれば、採用に踏み切るという企業も決して少なくはありません。海外との取引が活発化する現代では、TOEICで高得点を取得することは大きなステータスになります。
TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法

TOEICは就職活動に有利に働きます

就職活動を行う際は、必ずと言っていいほど履歴書を提出します。履歴書には自分の経歴や志望動機などを記載しますが、資格も重要な要素になります。しかし、英検や漢検などの資格を記載しても、あまり評価はされません。これらの資格を記載する場合は、1級などの最上級の資格を保持することが必要なのです。

では、それ以外の資格の中で最も評価される資格とはそれほど多くはありません。そこで、TOEICが非常に役に立ちます。就職活動や転職活動を行う場合はTOEICのハイスコアを記載することができれば、採用担当者にも大いにアピールすることが可能です。

しかし、ただ履歴書にTOEICの点数をただ記載すればいいというものではありません。おおよそ一般的に履歴書にTOEICの取得点数を記載する場合は500点以上と言われています。TOEICで200点台や300点台を取得しても、アピールにならないのです。

就職活動・転職活動を行う際は、TOEICのスコアが高ければ高いほど採用に優位に働きます。履歴書に記載できるように600点以上の点数を目指しましょう。

企業はどのくらいのスコアを必要としているのか

とある調査によると、上場企業にアンケートをとったところ、TOEICの点数を採用の際に重要視すると答えた企業が全体の9割以上に及んだと言います。現在の企業内においていかにTOEICが重要視されているかをうかがい知ることができます。しかし、実際にどれくらいのスコアが必要とされるのでしょうか。

新卒採用の場合

新卒採用の場合、履歴書に記載する際は、500点以上が必要と言われています。大学生であれば、500点台600点台の点数を取得することも十分可能です。依然として厳しい就職状況が続いていますが、TOEICのハイスコアを取得することによって、ライバル達と差をつけることができます。

転職する場合

新卒と異なり、転職をする場合はさらに高い点数が必要と言われています。転職する場合は、即戦力になるスキルを重要視されることが多いので、最低でも600点以上は必要と言われています。特に海外との取引がある企業の場合、英会話などのスキルも求められることが多く、総合的な英語力が期待されます。

海外赴任、国際部署の場合

大企業や中小企業に関わらず、海外との取引は非常に活発になっています。大企業では海外支社、海外部署が設置されており、英語会話を駆使して業務を行わなければいけません。これらの国際的な取引では、600点から700点台のスコアが必要とされています。会話力や文章読解力も必要になり、非常に高いスキルが必要とされます。

適切な教材でハイスコアを目指す

TOEICとは世界中で開催される試験です。そのため国際標準の英語力を試すこともできるのです。しかし、その分学校の試験などとは異なり、リスニング力などが非常に重要視される試験です。

TOEICで高得点を取得するためには、適切な教材を選び学習をする必要があります。そこで、このラクラク英語マスター法を活用してみるといいでしょう。TOEICをハイスコアでクリアするためには、がむしゃらに勉強を続けても意味はありません。

適切な解説とポイントおさえた学習を行うことによって、効率よくスコアを伸ばすことも可能なのです。なかなかTOEICの点数が伸びないと悩んでいる際は、ラクラク英語マスター法を活用してみるといいでしょう。

TOEICは就職・転職に大きな武器となります。ラクラク英語マスター法を用いて、高得点を目指しましょう。
TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法

このページの先頭へ