TOEICスコアとは?TOEICスコアの点数基準・算出方法とは

TOEICで高得点を取得することができれば、ビジネスや学業で大いに役に立ちます。TOEICが他の検定試験と一線を画しているのは、合否判定ではなく、取得得点によって評価がなされるという点です。

つまり、資格を持っている、持っていないで判断してしまうと、合格基準ギリギリで資格試験に合格したのか、それとも余裕を持って合格したのかが分からなくなってしまいます。しかしTOEICでは、あくまで取得した点数によって評価が決まるのです。

ハイスコアを取得していれば、履歴書にも書くことができます。ビジネスなどでも大いに役立つスキルです。では、TOEICのスコアとはいったいどのようなものなのでしょう。また、実際にどのくらいのスコアを保持していれば評価されるものなのでしょうか。
TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法

TOEICのスコアの算出方法

TOEIC試験は、全部で200問の設問が出題されます。リスニング問題と、文章理解の問題が出題され、点数は10点から990点まで取得することができます。5点刻みで点数が加算されていく方式になっています。

TOEICの点数の計算方法は、公式には発表されていません。単純に1問5点という計算では、合計得点を算出することができないのです。TOEICでは独自の算出方式を採用しており、非常にスコアの計算が難しいのが現状です。これは、受験者のレベルを加味して計算される方法をとっているためだと言われています。

TOEIC試験のスコア計算方法については、考察したサイトなどがたくさんあります。しかし、現時点でTOEIC公式では「スコアの同一化と呼ばれる統計処理によって算出された換算点」とだけ発表されています。平均点と比較して計算されているとも言われており、正確な算出方法を出すのは難しいのです。

ただし、問題を一問でも多く正解すれば、当然合計点は高くなります。毎回の試験のレベルは常に一定に保たれているとも言われており、非常に精緻に作られています。一問でも正解できるように、対策をしっかり行いましょう。

TOEICの点数はどのくらいとればいいのか

TOEICで取得した点数は、そのままその方の英語能力を表していると言われます。世界標準の英語の試験ですので、公平にその方のスキルを表すようになっています。ビジネスなどでは、それぞれ部署などに応じて、求められるスコアが異なっているのです。

新入社員の場合

新入社員の場合、TOEIC試験で450点から650点ほどのスキルが求められると言われています。簡単なメモや文章、重要な単語などを理解できるレベルです。現在は国際的な活躍の場が広がっています。企業の中には、TOEICの結果を最重要視する企業もあります。

営業職・技術職

現在は、どの企業においても営業職・技術職ともに英語スキルが求められます。技術職でも、国際的な場で打ち合わせなどを行うことも増えていきます。もちろん営業職は様々な対応をしなければいけません。海外との取引を行うことも十分に考えられます。TOEICでは500点から750点ほどのスコアが求められます。

海外勤務・国際部門

海外との取引、または実際に海外での勤務がメインになる部署では、当然期待される英語スキルも高くなります。日常英会話はもちろん、ビジネスの分野での円滑なコミュニケーションが必要になります。TOEICでは650点から800点以上のハイスコアが必要になるのです。

適切な教材でハイスコアを目指す

TOEIC試験はその国際的な評価の高さから、多くの方が受験しています。日本人の平均点は500点前後と発表されています。大学生やビジネスマン中心となって受験していますが、平均点以上のスコアを取得することができれば、その人の評価に大いにプラスになります。

TOEICの対策を行う際は、是非ラクラク英語マスター法を利用してみるといいでしょう。TOEIC試験はリスニングと文章理解の両方のスキルを身に付けなければ、高得点を取得するのは困難です。そこでこの教材が非常に役に立ちます。

ラクラク英語マスター法ではリスニングCDが付随しており、かなり効果的にリスニングの学習を進めることができます。また、英語理解のコツもしっかり学ぶことができる、大変お得な教材となっているのです。

ラクラク英語マスター法を活用してみた結果、かなりのスコアアップに成功した方は大変多くいらっしゃいます。中には800点台、900点台の高得点をマークした方もいます。TOEIC試験対策にかなり有効ですので、是非活用してみるといいでしょう。
TOEIC980点獲得!ラクラク英語マスター法

このページの先頭へ