英語上達のコツとは?英語上達法・英語上達の秘訣とは

多言語を操ることができると、大きなスキルとなります。特に英語を話せる人材は重宝され、多くの企業が獲得に力を入れているのです。英語を話すのは、アメリカやイギリスだけではありません。世界の多くの国で話されている世界標準語なのです。

しかし、グローバル化などが叫ばれていても、現実に英語を話せる人はほんの一握りです。そこで、もし英語をスラスラと話せたとしたら、仕事でもプライベートでも、かなり役に立てることができます。

そのため、今現在でも英語を学習している方は大勢います。どうしたら、英語を上達させることができるのでしょう。果たして、英語力向上のための極意はあるのでしょうか。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

英語学習には意識改革も必要

英語の学習を、もし何年、何千時間と続けていれば、確かに英語を話せるようになれるかもしれません。しかし、効率の悪い勉強方法で、長い時間を学習に費やすより、より短期間で上達させることが出来た方が嬉しいものです。

しかし、それには、ただ単に勉強の方法を変えればいいというものではありません。実は、学習者がどのような意識を持っているのかが、大変重要な要素なのです。意識とは、モチベーションや、やる気と言っていいかもしれません。つまり、学習にいかに積極的に望むことができるかという点が、英語を上達させる一つの要因です。

もしも、「会社に命じられたから・・・」「なんでもいいからスキルアップしたかったから・・・」、などと、慣性や惰性で学習を行っていたら、当然勉強の結果は頭に入ってきません。

「英語を話せたら格好いいから!」という曖昧な理由でも構わないのです。その人にとって真剣な目標であれば、自然と努力をします。結果、能力はどんどん向上していくのです。学習者側の意識如何によって、英会話能力は大いに向上していきます。

話す・聞くの学習を上手く行っているか?

日本の英語教育は、試験ありきの学習スタイルです。つまり、テストでいい点数を取る為に学習を行っているという構造になっています。会話に必要な、聴く・話すということに重きを置いていません。多くの方は英会話に必要な、話す・聞くという要素が、すっかり抜け落ちた状態で、中学や高校を卒業していくのです。

そのため、英会話学習で最も苦労するのは、リスニングやヒアリングの力になっています。相手の話を聞くということは、会話を成立させるために最も必要なことです。この力を養わないと、英語は上達しません。もちろん、話すことにも繋がらないのです。

しかし、逆に考えてみると、聞くことができれば、英会話スキルも大きく向上します。ただ漠然と、英会話学習を行うのではなく、「聞く」という行為に意識を向けてみましょう。相手の発音やアクセントをよく聞くことは、英語を飛躍的に上達させるカギとなります。

英会話を上達させるための秘訣とは

英会話上達のコツは、自身の意識改革と、聞くという行為を重要視することですが、具体的にどのような勉強をすればいいの?と疑問に思う方も多いことでしょう。確かに、英会話上達のコツは分かっても、現実にどのような学習を行うかによって、現実の能力は大きく変わります。

あまり抽象的な原理や仕組みだけでは、実際に学習に活かすことができません。そこで、実際に活用してみてもらいたいのが、7+Englishです。この教材を学習に取り入れることによって、大いにスキルアップが期待できます。

この教材の特徴は、実際にネイティブスピーカーが話す際のフレーズを学ぶことができる点です。文法をしっかり学ぶことも大切なことですが、現実の会話で上手くコミュニケーションをとることができなかったら、意味がありません。相手と円滑な会話をするために、非常に役に立つ教材です。

さらに初心者にとっても学習する際におすすめの教材です。難解な文法や複雑なテクニックを学ぶ必要はありません。7+Englishを使って、英会話スキルを効率よく上達させてみましょう。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

このページの先頭へ