英語リスニングを向上させるには?リスニングの極意・強化とは?

英語リスニングの勉強法は、世の中にたくさん紹介されています。それだけリスニングの学習を行う方がおり、リスニングスキルの習得に苦労をしている方がいるということでもあります。

リスニングは、英会話スキルを身に付けるために絶対に必要な能力です。現在は、受験や資格試験にリスニング問題が出題されますが、リスニングスキルを身に付けることができれば試験はもちろん、英会話スキルを向上させることにも繋がります。

そこでリスニングを向上させるためのコツと、強化の極意について解説していきます。リスニングとは、英語学習で誰もがつまずく分野でもあります。効果的な学習を行えば、ライバルと差をつけることも可能になるのです。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

意外とやらない勉強方法

英会話学習のための教材は多くあります。現在はCDやDVDが付随されているものが一般的になっていますので、ネイティブスピーカーの発音を簡単に聞くことが可能です。しかし、様々な英語教材が発売されている反面、実は利用者が意外と実践しない学習方法があります。それが、自分で発音をすることです。

たくさん英語の音源を聞くことができるのは素晴らしいことですが、聴くだけで、自分で発音をしない方がほとんどなのです。クリアな音で、ネイティブスピーカーの会話を聞くことも重要ですが、自分で発音をしてみなくてはいけません。

そうすることによって、発音を学習し、ネイティブスピーカーが操るアクセントなどを聴き分けられるようになっていくのです。これは英会話の練習にも繋がります。自分で教材の音声と一緒に発音をしてみるといいでしょう。この学習方法をシャドウイングと言います。

リスニングは聴くことが重要だと考え、ただ音声を聴く方もいます。しかしこれからは、話す学習方法を併せて実践してみるといいでしょう。

繰り返すだけでは真のリスニング能力は身に着かない

リスニングスキルを身に付けるために、問題集などを繰り返し解くことは重要です。リスニングの基礎を作るには、まず音声をじっくりと聞く清聴という作業が必要です。されもが最初からリスニングができるわけではありません。リスニングをしっかり、丁寧に学ぶことによって、徐々に力がついていきます。

ただし、注意しておかなければいけないのが、このじっくりと聴くという作業だけを何度も繰り返していても、スキルアップにつながらないということなのです。確かに清聴と言う作業は必要不可欠です。しかし、延々と繰り返すだけでは、文章を覚えてしまい、他の文章を聞いた時に対応できない恐れもあります。

英会話スクールなども同じで、初心者のために繰り返すことは、最初のうちは必要なことです。ただし、ある程度の力が備わってきたら、どんどんと違う音声を聞いていくようにしましょう。分からない箇所が出てきたら、立ち止まって清聴を行えばいいのです。

リスニングの本番では、何の話題を話すのか、どういった受け答えをするのか分かりません。そのため、応用性を持たせるために、定型の文章だけに固執するのは控える方がいいでしょう。

リスニングスキルを向上・強化させるための教材

リスニングを強化させるためには、様々な勉強方法があります。上記で記載した方法は、確かに効果的に学習進めることができますが、やはり教材と一緒に実践してこそ、その効果も高くなっていきます。

そこで、リスニングスキルを向上・強化させるために、とてもおすすめの教材があります。それがリスニングパワーです。数ある英語教材の中でも、大変人気のあるリスニング教材で、短期間に何人もの利用者がスキルアップに成功しているという実績もあります。

学習のポイントを押さえた指導内容となっているので、短期間に効果的な学習が行えるのです。また、英会話スキルを意識して開発された教材であるため、発音やアクセントをしっかり学習することができるのです。音声も充実しているので、自分自身で音を発しながら学習することも可能です。

英語リスニングの学習は、是非リスニングパワーを活用してみましょう。かなり効果的なスキルアップが期待できます。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

このページの先頭へ