英語リスニング対策とは?効果の高いリスニングトレーニングとは?

英語の学習で多くの方が苦労するのがリスニングの学習です。試験勉強などで、文法や単語はテキストで学ぶことはできても、あまり効果的にリスニングを学習することができていないという方は、かなり多くいらっしゃいます。

現在は、大学受験などにもリスニング問題が出題され、リスニングスキルが大きく求められます。そのため、リスニング学習に力を入れる方々が増えています。また、試験対策だけではなく、英会話スキルを身に付けたいという方も、リスニングから学習を始めます。

しかし、英語学習を進めている方々は、本当に正しいリスニングの学習を実践できているのでしょうか。もしかしたら、今行っているリスニングトレーニングは、非効率な方法かもしれません。リスニングトレーニングについて、もう一度考えてみましょう。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

勘違いされがちなリスニング学習法

英語耳という言葉を聞いたことがあるでしょうか。英会話学習などで、英語耳になることが重要だと言われます。英語耳とは、英語を聞くことができる力そのものを指しているわけではなく、日本語の概念をいったん捨て去り、英語文法や発音に頭が合わせられる状態を指します。

単語の発音方法から、文章中の大事な単語、文章の構成から、英語と日本語は基本的に異なる構造を持っています。そのため、英語学習を行う際は身体に染み付いた日本語の概念を取り去ることが必要なのです。

そこで、多くの方々は、英語に慣れればいいのだから、英語音声をたくさん聞けばいいという結論に至ってしまいます。英会話のCDや洋楽、映画などを聴いて過ごすという方法をとってしまいます。とにかく英語が耳に入る環境を作りだしてしまいがちです。

しかし、本当にそれが効果的なリスニングトレーニングになっているかと言えば、けっしてそうではないのです。もし、全くの英語初心者だった場合、いくら英語の音を聞いても、学習にはならないのです。むしろ、脳はただの雑音だと理解してしまうこともあります。

むやみな英語のリスニングは、学習効果を下げるだけではなく、リスニング力強化にも繋がりません。そのため、多聴はリスニング学習にはならないのです。

リスニングは発音と一緒にトレーニングを行う

多くの日本人が英語学習では、特に話す・聞くのトレーニングが苦手です。日本の英語教育では、話す・聞くという学習にあまり重点を置いていないため、当然と言えるかもしれません。そのため、紙面のみの英語の理解力だけが培われていってしまうのです。

そのため、英語の「音」に慣れる必要があります。効果的なリスニングトレーニングをする際は、英語の音を学習しなければいけません。「音」とは具体的に、発音のことを指します。発音をしっかりと学ぶことが、リスニング力を鍛えることに繋がります。

リスニング力を鍛えるためには、聞いているだけではいけません。この発音は同時に、リスニング力を鍛えていくことができます。まず、自分自身で英文を朗読してみるといいでしょう。実際に舌や頬の筋肉を使い、言葉を発してみると、その英語の発音の仕方がよく分かってきます。実際にシャドウイングなどの方法で、文書と一緒に発音をしていくと、リスニング能力も自然と向上していきます。

見落とされがちなことですが、英語リスニングのトレーニングとはただ聞くことではありません。効果的なトレーニング方法とは、実際に音を発することです。リスニングと発音は切っても切り離せない関係にあると言っていいでしょう。

真にリスニングトレーニングに効果的な教材とは

リスニングを学習する際は、多くの方が教材などを利用します。中には英会話教室に通って学習を進める方もいらっしゃいますが、これらの塾は授業料で高額なコストがかかってしまいます。学習をする際は低コストで効果的な英語教材を活用するのがおすすめです。

しかし、注意しなくてはいけないのが、英語教材であればどれでもいいというわけではありません。中でも、リスニングパワーが大変おすすめできる教材です。リスニング学習を行う際は、このような英会話教材を活用するようにしましょう。

リスニング能力を鍛えるためには、実際に英語を話せるようになることが一番の方法と言えます。ただのリスニング教材ではなく、英会話も上達する教材で学習すると一石二鳥です。

リスニングパワーは英会話教材の中でも、特に人気の高い教材で、その効果も、他の教材より群を抜いています。短期間で英会話をマスターできたという方もかなり多いのです。英会話ができるレベルにまでなれば、リスニング力もかなり上達が見込めます。効果的なリスニングトレーニングは、是非リスニングパワーを活用して行いましょう。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

このページの先頭へ