英語リスニングの学習法とは?学習の仕方・復習の仕方とは?

英語の聞き取りが上手くできないと、お悩みの方は多くいらっしゃいます。また、かなり難しい単語も知っている、英語の文法も理解できる、しかし、どうしても聞き取ることができないという方がいます。

リスニングのスキルをしっかりと身に付けることができれば、英語のスキルも大きく向上させることもできます。相手の話していることを聴き取り、頭の中で理解することができれば、英会話をすることもできます。リスニングは英語学習において、非常に重要な要素なのです。

しかし、英語リスニングの学習はいったいどのように行えばいいのでしょう。リスニングの学習プロセスが分からないというかたは、リスニングの学習方法と復習の方法を理解しておくと、効果的にスキルアップに繋げることができます。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

リスニングが上達できない原因

リスニングが上達できない大きな理由は、大きく二つのことが考えられます。それは、相手の発音が、知っているものと異なり、何を話しているのか分からいないという点。もう一つは、相手の話すスピードに追い付いていけないという点です。

リスニングはある程度の英単語や文法を理解しておかないと、理解することができないのが大前提ですが、文法や単語を長い期間学習したのに、リスニングができないのは、まず発音を正確に学んでいないこと、さらに帰り読みのクセが染みついてしまっていることが、リスニングができない大きな理由なのです。

返り読みとは

返り読みとは、日本語の文章に分解して読むことを言います。単語一つ一つを分解し、主語、動詞、形容詞などを、日本文で理解しやすくように整理することです。英語の文章も、多くの方の場合、単語を一つずつ分解し、日本語読みができるように整理して学習を行います。帰り読みを英語のリスニングで実践しようとすると、頭の中で単語を入れ変えて、いちいち訳しなおす作業が必要になってしまい、英語の意味を理解するスピードが遅くなってしまいます。

つまり、英語リスニングを効率よく行うことができるようにするためには、英語発音と、意味を理解できるようにしなければいけません。

効果的なリスニング学習法と復習法

リスニングを行うためには、まず音、つまり発音をしっかりと学習する必要があります。これは英会話の教材などを活用するといいでしょう。オンライン英会話などを活用して、ネイティブスピーカーと会話をするという方法も考えられますが、講師の質やサービス内容によって、学習が非効率になってしまうことがあります。

文章を一つ一つ区切って、相手が何を話しているのか、覚えていくようにすると、他の会話でも応用ができます。特に前置詞や冠詞、「r」「l」で始まる単語などは、微妙な発音で聞き取りが難しい場合があります。そのため、何度も繰り返して、学習を行うようにしましょう。

音読をしてみよう

英会ご学習で、あまり重要視されないのが音読という方法です。英会話学習では、自然と話すというレッスンができますが、試験対策などの場合、テキストや参考書を読み、CDなどを聴くだけ、とういう勉強スタイルになってしまいがちです。しかし、実際に音読をして、英語の発音を自分自身で確かめてみることも重要です。教材などの英語音声は、非常に厳選された綺麗な発音となっています。復習を行う際は、自分自身でも教材の音声を真似て、発音をしてみると、音と意味を覚えやすくなります。

英語リスニングの力をつける学習教材

英語リスニングは、英語を学習するうえで非常に重要視されます。大学受験ではリスニングの試験があり、リスニング対策の教材も多く販売されています。しかし、この教材の中には、あまり効果的な学習を行うことができないものも多く混じっています。

リスニング力を磨くことができれば、試験対策だけではなく、英会話スキルのアップにもつなげることができます。そのため、本当に効果のあるリスニング教材を活用することによって、大いに英語スキルをアップさせることも可能です。

そこでおすすめしたいのが、リスニングパワーという教材です。英会話スキルを高めてくれるという教材で、聴く力を大いに向上させる効果があります。この教材を利用して、英会話を話せるようになったという方は非常に多く、この教材の効果の高さを示しています。

英会話を話せるようになったということは、相手の話を理解するリスニング能力が身に付くということです。リスニングが上達しないと悩んでいる方は、是非この教材を活用してみるといいでしょう。リスニングパワーを利用して、リスニングのスキルアップを目指しましょう。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

このページの先頭へ