英会話学校は役に立たない?英会話学校が意味ない理由とは

英会話を学習しようと考えた際に、現在日本には多くの学習方法があることに気がつきます。近年、多くの方が使用するようになったスマートフォンを使ったアプリ学習、またパソコン上で自宅にいながら学習できるオンライン英会話など、多くの選択肢があります。

中でも多くの方々に根強い人気を誇っているのが英会話学校です。実際に学校に通い、講師の方と会話をしながら学習するスタイルが一番だと考える方は多いのです。

しかし、英会話学校に通ってみても、英会話スキルが身に付かなかった、高い費用だけ掛かって終わってしまったという意見も少なくありません。多く方が利用する英会話学校ですが、果たして本当に効果があるものなのでしょうか。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

英会話学習における英会話学校の役割

英会話を身に付けるために、多くの方は英会話学校に通います。しかし、学習を進めるうえでの大前提があります。それは、ある程度の英語の基礎能力がないといけないということです。

英会話学校では、確かにネイティブスピーカーの講師も多く、英語の発音や会話の手法を学ぶことができます。しかし、それはあくまで受講者側に聞き取る力が備わっていないと意味がないのです。聞き取ることができないと学習を進めることができません。

また、授業をただ淡々と消化しているだけでは英会話スキルを習得するまでにかなりの時間を必要としてしまうことでしょう。そのため、授業時間以外に自分自身で英語を学習していこうという姿勢が重要です。

英会話学校の最大のメリットは、講師と実際に会話のレッスンをすることができる点です。英会話学校を利用する際は、講師との会話を活用することを一番に考えるようにしないといけません。英会話学習における英会話学校の役割とは、実際に講師と会話の練習ができるということなのです。

あくまで講師と会話することは練習の一環です。英会話学校の授業以外でどれだけ学習を進めるかが英会話スキルを向上させる重要なポイントになっています。

英会話学校の講師の問題

英会話学校の問題の一つに講師の質というものがあります。英会話学校に勤務する講師のすべてが、専門の教育者というわけではありません。そのため、指導方法やカリキュラムによっても、効率的な学習を行うことができない場合があります。

英会話学校に勤務する講師の中には、専門の教育を受け、何年も講師としての実績を積んできた方もいます。しかし、中には指導が苦手だったり、あまり教育の上手くない講師がいることも事実なのです。

また、英会話学校の授業スタイルも受講者によって上手く学習に結びつかないこともあります。複数人数のグレープレッスンでは、集中的に一人に対して指導を行うことができません。指導に偏りが出てしまい、効果的な学習を受けることができないといったケースもあるのです。

本当に実戦向きの英会話が身に付くのか

英会話学校で学ぶことのメリットに、本場の英会話、実戦向きの会話が体験できるなどとよく言われます。しかし、果たしてそれは本当なのでしょうか。

英会話学校は、受講生に分かりやすく指導を行っていきます。時にはゆっくりとしたスピードで、また聞こえやすい発音で会話を行います。それにより英会話を学ぶことはできるかもしれません。しかし、実際に英語を話す機会があった時、誰もが聞きやすいように、ゆっくりと綺麗な発音をしてくれるとは限りません。

同時に英会話でコミュニケーションをとる場合は、臨機応変な会話のキャッチボールが必要です。テキスト通りの定型文などを必ず使用するとは限りません。英会話学校で学習する英語がそのまま本番に使えるかどうかは分からないのです。

英会話学校以外で英会話を身に付けるには

英会話学校で学習を受けることによって、確かに英会話スキルを身に付けている方も大勢います。しかし、誰もがみな確実に英会話をマスターできるものではないのです。英会話学校の授業だけに依存するのではいつまでたってもスキルアップには繋がりません。

特に初心者の場合は、授業以外でどれだけ効率よく学習を進めることができるかに、英会話をマスターできるかがかかっています。

そこで、7+Englishなどが、英会話学習を進めている方に特おすすめしたい教材です。

元々単体で英会話スキルを身に付けることができるように開発された教材です。そのため英会話学校通わずとも、スキルアップをすることも十分可能性があるのです。英会話スキルを身に付けようと思ったら、ただ英会話学校の授業に頼っているだけでは、スキルは身につきません。

英会話スキルを上手く向上させるためには、7+Englishのような教材を利用するのがいいでしょう。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

このページの先頭へ