英会話スクールはお金の無駄?英語が上手にならない理由とは

私達が英会話を学ぶためには、どうしても中学校や高校で学習した内容以上に練習をする場が必要となります。中学校や高校で学ぶ学習方法は、試験でいい点数を取るための学習であり、実際に英語を話せるようになる教育ではないのです。

そこで、多くの人は会話能力を身に付けようと、英会話スクールに通います。多くの英会話教室が存在しており、様々な学習スタイルを選ぶことができるため、英会話を身に付けるには?と問われれば、多くの方が英会話スクールに通うという事を想像するでしょう。

しかし、英会話スクールで実際に学習してみた結果、あまり上達しなかった、スキルが身につかなかったということもあり得ます。英会話スクールに通った方が全て、英会話スキルを身に付けているわけではないのです。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

英会話スクールはお金の無駄なのか?

英会話スクールに通っても、必ず英会話スキルが身につくわけではないのだから、結局はお金の無駄ではないのか?そう考える方も多いことでしょう。

しかし、一概に無駄と断言することはできません。英会話スキルを身に付けることができたという人も確かにいらっしゃいます。

ただし、これらの人の多くは明確な目的あり、学習に臨んでいる方々が大半です。留学や海外出張など、自分自身の中で明確に目的があり学習しているということです。

英会話スクールの諸費用を考えると、一年間に週二回通学した場合、30万円から90万円の費用が発生してしまいます。しかし、目的がはっきりしている方の場合は、これらの費用は無駄にはなりません。

あまり意識がない受講者にとって、英会話スクールに通うことは、スキルもあまり身につかず、大きな出費で終わってしまうことが多々あるのです。

英会話スクールの問題

英会話スクールでスキルが身につかないのは、目的意識が低いことが最大の理由かというと、そうでもありません。これは英会話スクールの指導方法やカリキュラムにも問題があります。

英会話スクールで指導している講師の方々全てが、英語で会話することができるでしょう。しかし、彼らは全てが教育のプロではないということです。

どうすれば、理論的に生徒が覚えてくれるのか、どうすれば理解がしやすいのかなどを研究して指導する方は、あまり多くいらっしゃいません。用意されたテキストなどにしたがって、指導するだけの講師も多いのです。

結果、効果的な指導を行うことができずに、授業の回数だけを重ねて終了となってしまいます。

英会話スクール受講者の意識

受講者の意識が低い場合、確かに効果的な学習をすることは難しいかもしれません。しかし、これは英会話スクールというシステムにも問題があります。

まず受講者にとって、スクールに通って授業を受けたことで、自分は学習しているという錯覚を起こしてしまいます。英会話スクールという空間にいることで、安心感を持ってしまうのです。

そのため、学習をだらだら続けてしまったり、悪循環が生まれます。

また、英会話スクールで英語のレッスンをしていても、それはテキストなどの決まった形式の場合のみを学習します。いざ、ネイティブスピーカーの方と実際に会話する段階になって、全く臨機応変な回答をできないという事態になってしまいます。

英会話スキルを身に付けるためには、あくまで自分自身が毎日継続して学習するというスタイルと、本番向けのコミュニケーション能力を培う必要があるのです。

英会話の学習費を無駄しないために

英会話スクールで学習する際は、非常に高額なコストがかかります。そのため、英会話スクールよりも効率良く低コストで学習する方が増えています。

中でも英会話を学習するために7+Englishという教材が非常に人気を集めています。

英会話スクールは授業料、教材費、入会料などが発生します。一週間に数回の授業だとしても、一年間で数十万円かかります。英会話の能力が身につかず、それらが全く無駄になってしまったとしたら、非常にもったいないですね。

7+Englishは、自宅にいながら学習することができる教材です。英会話スクールと異なり、効率よく学習できるというメリットもあります。

いきなり英会話教室に申し込みをして学習を始めるのではなく、まずはこれらの教材を活用してみるのがいいでしょう。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

このページの先頭へ