英会話スクールとは?英会話スクールの費用・受講料とは

英会話スクールとは、英語言語における会話法や挨拶を学ぶことができる学習教室、または授業のことを指します。

日本では1980年代に普及し、多くの英会話教室が誕生しました。大企業における多店舗展開などもあり、誰もが聞いたことのある有名な英会話スクールにまで発展したものもあります。

近年はグローバル化が進むとともに、世界中で英語が話されるようになり、ますます国際標準語としての地位を高めています。その為、英会話スクールに通う人間も多くなってきているのです。ここでは英会話スクールと英会話スクールの費用・受講料について解説いたします。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

英会話スクールの費用・受講料とは

英会話教室は1980年代に急激に増加しました。当時は日本人の多くが英会話に対しての意識が低く、義務教育などにおける英語教育も低い水準のものでした。そのため、専門に英会話を学ぶことができる英会話スクールが人気を博しました。

英会話スクールの内容は多くが授業形式であり、講師となる人物がテキストなどを使用しながら、受講者と一緒に実際に英会話をしながら学んでいくというスタイルです。

講師と一対一のワンツーマン形式や、講師一人に対し数人が同じ教室で学ぶ形式があります。実際に会話をしながら学ぶ形式が、英語学習に効率が良いとされていることから、大多数の生徒を相手にするレッスン形式はほとんど見られません。

ワンツーマン形式の場合

講師と一対一でレッスンをすすめていく形式です。プライベートレッスンと呼ばれることもあります。一回のレッスン時間は40~50分、6000円~8000円が多く、英会話スクールの相場となっています。中には80分のレッスンを行う企業もありますが、料金はおよそ倍になっています。

2~4人の形式の場合

多くの英会話スクールのでは3000円~4000円が相場の価格となっています。授業時間は40分~50分となっており、人数は場合によって2人になったり3人になったりするので、固定人数というわけではありません。

5~8人の形式の場合

多くの英会話スクールは上限を8人~10人としています。グループレッスンと呼ばれ、主に40分~50分程の時間となっています。料金は2000円~3000円ですが、80分などの授業を提供するところもあります。

英会話スクールは、このように一回の授業における参加者が多いほど、料金も定額で済みます。しかし、これはあくまで一回の授業料であり、実際にはさらに費用が掛かります。
英会話スクールへの入会金、教材費などを支払います。その為、仮に一年間、週2回のペースで英会話スクールに通った場合、各教室にもよりますが、30万円から90万円に上るのです。

英会話スクールの問題点

英会話スクールは日本全国どこにでもあり、すぐにでも通うことができるでしょう。大手企業も多く店舗を展開しているため、大都市であればあるほど選択肢は多くなります。

しかし、全ての市町村に英会話スクールが存在しているわけではなく、受講が難しい地域もあります。また、講師の質も近年は問題視されています。しっかりとした指導を受けずに、英会話の指導に当たったり、英会話のスキルがない方が講師として指導することもあるのです。

多くの英会話スクールでは、ネイティブスピーカーの方が講師として活躍していますが、日本にて来て日が浅い外国人だったり、日本語があまり上手く話せず、生徒とコミュニケーションがとれないこともあるので問題になる場合もあります。

このように、英会話スクールでは様々な形式で英会話のレッスンを受けることができます。授業内容や、受講のペースなども自分で決めることができます。しかしその反面、様々な問題を抱えており、英語会話の能力が身につかなかったという場合もあるのです。

そこで、近年は英会話スクールに頼らず、自分自身で学習する方も増えているのです。効率的に学習できる教材も多く販売されており、特に7+Englishなどは非常に有名です。

また、英会話教室は週に数回の学習しかできないこともあるため、英会話の習得までにかなり時間がかかってしまうことがあります。そのため短時間でスキルを向上させることができる7+Englishのような教材が人気を博しています。

事実、自宅で学習ができ、短期間で効果があるという声もあるため、非常に注目を浴びているのです。英会話スクールに比べて、非常に低価格で済むため、購入しやすいというメリットがあります。

高額な金額を支払い、英会話スクールに通うことが難しいという方は、専用の教材を購入してみてもいいかもしれません。
【英語ぺらぺら君初級編】歴代米国大統領の元通訳が教える英会話学習法

このページの先頭へ