英語の発音を練習するには?英語の発音を上達・向上させるには?

英語の学習をする際、多くの方は発音という要素をおろそかにしがちです。特に日本の教育課程では、英語を話せるようにするという姿勢の元に教育を行っているわけではないのです。

中学校や高校で私たちが学ぶ英語とは、試験でいい点数を取得するために学んでいます。そのため、単語のスペルを学ぶことがあっても、英単語の発音を学ぶことはあまりないのです。しかし近年は、大学受験の過程でセンター試験ではリスニング問題などが出題されるようになりました。英語で話す、聴くということも重要になりつつあるのです。

また、実際に英会話を学ぶ際は、発音が非常に重要な課題になります。日本人は独自のカタカナ英語を特に強く意識してしまい、上手くネイティブに伝わらないこともあります。英語を学習するうえで、発音は重視しなくてはいけません。
【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

発音次第で単語の意味が変わる事がある

英語には、独自のアクセントが存在します。独自のアクセントや発音はどの言語にも存在します。英語だけが特別なわけではなく、フランス語にはフランス語独自の発音方法がありますし、ドイツ語にはドイツ語独自の発音方法があります。もちろん、日本語にも独特の発音方法やアクセント、イントネーションは存在しています。言語の癖とも言うべきポイントを押さえることが、英会話上達のポイントです。

英語の場合、「r」「l」「th」などの発音は、単語によって微妙に異なっており、発音次第で、全く意味の異なる単語になってしまうので、注意が必要です。もし発音が上手くいかず、意味の異なる発音をしてしまっていたら、全く解釈の異なる英語を話してしまうことにもなるのです。

例えば「ロック」という発音をしたとします。このカタカナ表現のままでは、ネイティブスピーカーには何を言っているのか通じません。「ロック」を英単語にすると、2つの意味があるからです。「lock」「rock」です。「錠」と「岩」という意味で、全く意味の異なる単語になってしまうのです。

場合によっては前後の文脈から、何のことを話しているのかを理解することができるかもしれません。しかし、英語の発音をおろそかにしてしまうと、全く荒唐無稽な会話になってしまう可能性があるので、英語会話や英語学習の際は、しっかりと勉強をするようにしましょう。

上手な英語発音になるための練習方法

上手な発音をするためには、実際に言葉を発してみる必要があります。現在は英会話の教材が多く販売されており、自宅で学習を行うことができるようになっています。ただ、教材のCDを聴くだけ、DVDを見るだけでは練習になりません。実際に声に出して練習をしないといけません。

リスニング教材を何度も聞く

繰り返し練習するという方法は、非常に地味で月並みな方法かもしれません。しかし、このような堅実な練習方法が最も効果を発揮するのです。教材に収録されているネイティブスピーカーの会話は、非常に綺麗な発音です。一般のネイティブスピーカーは、訛りがあったり、聞き取りやすい発音をしてくれないことがあります。英語教材の発音はお手本とすべきです。まずは繰り返し聞き、英語耳になることです。そうすれば、相手が何を話しているのか、この単語はどのように発音しているのかが理解できるようになります。

英語で使う子音を洗い出してみる

言語は、子音と母音の組み合わせで構成されます。日本語では、k、sなどに母音のa、iなどを組み合わせて、「かきくけこ」「さしすせそ」を話すことができます。日本語の場合母音は5個、子音は14個あります。しかし、英語の場合母音が30個、子音が24個もあると言われているのです。これは「r」「l」などの微妙な言い回しや「w」「th」など、日本語では少し分かりにくいものもあります。これらを洗い出しておくのも方法の一つです。事前にこういう組み合わせがあるのだと知れば、自然と発音も正確になっていきます。

のど、舌の使い方に注意

言語が異なるということは、口の中で音を発する仕組みもまた変わっていくと言うことでもあります。実は発音では、舌の使い方が非常に大事です。日本語では使うことのない舌の位置などがよくあるのです。すなわち、英語を発音する際は、舌の動かし方も意識しておくといいでしょう。教材や参考書の中には、口の中の舌の動きを解説したものがあります。英会話を身に付けようと思った際は、読み飛ばすのではなく、重要なポイントですので、是非押さえておきましょう。

英語の教材で発音をマスターすることはできるのか

多種多様な英語の学習方法があります。英語を学ぶ方法とは、これが正しい!と断言できるものではないのです。個人の学習のスピードや、レッスンスタイルによって、大きく変わっていくものです。中にはスマートフォンのアプリや、オンライン英会話などがあり、様々な方法で、様々な人が学習を進めています。

中でも特に高く評価されているのが、英語トレーニングMagic81です。現在は効果的な英会話教材が販売されています。教材でも効果的に発音を練習し、上達させてくれるものは多くあるのです。実戦的な英会話を学習でき、ネイティブスピーカーとも円滑にコミュニケーションを取ることだって期待できます。

流暢な発音やアクセント、イントネーションも英語トレーニングMagic81でなら学ぶこともできるのです。この教材で学習した結果、多くの方が上手な英会話を身に付けることに成功しています。

効率よく練習を行い、上手な発音を身に付けるために、是非英語トレーニングMagic81を活用してみましょう。このような教材を活用することで、英会話スキルをかなり上達させることも夢ではありません。
【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

このページの先頭へ