中国語とは?中国語の発音とは?中国語の種類とは

中国語は現在世界で2番目に使用者が多い言語とされています。私たちが住む日本という国にとっても、隣国である中国は非常に深い関係があります。そのため、中国を学ぶことは、ビジネスや文化交流の面でも大変なメリットがあります。

近年、日本と中国の貿易額はどんどん大きくなってきています。ビジネスの面で、中国との関りは非常に強いものとなっており、中国語を学ぶことは円滑に取引を成功させることにも繋がっていきます。

わが国では、言語教育では英語が主流ですが、近年中国語を学ぶ学生や社会人が増えてきている傾向にあります。では、中国語とはいったいどのような言語なのでしょう。また、中国語の発音についても理解を深めていきましょう。
【網野式】動詞フォーカス中国語入門 約6時間のネイティブ音声付き メールサポート付き ~初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ~

中国語は多くの地域で使用される言語です

中国語は非常に歴史が深く、現在の黄河流域で生まれたと言われています。中国は世界文明の中でも非常に高度な言語文化を育みました。その後、中華を中心とした近隣諸国に非常に強い影響を与え、日本、韓国、ベトナムなどのアジア地域に広がっていきます。

3世紀から4世紀にかけて、爆発的にアジア地域に広がり、以来宋王朝の代まで、アジア地域の国際標準語の地位を占めるようになります。そのため、現在でも、中国語の影響は強く残っている地域もかなりあり、歴的に大きな役割を果たした言語なのです。

現在は中華人民共和国を中心に利用されており、その人口の多さから世界中で、少なくとも14億人が使用していると言われています。中国国内だけではなく、中国の経済発展と共に国際進出が加速する中で、世界中に広がりをみせています。

中国語には非常に多くの種類がある

中国語とは、中国国内で話されている言語である、という定義ではありません。実は、中国国内には様々な中国語が存在しています。中国はとにかく国土が広く、また様々な民族が暮らしています。そのため、多種多様な文化と言語が入り混じっている状態です。

国際的に認知され、また中国背政府が公用語として定めているものは、北京語と呼ばれる言語です。中国東北部、今の北京を中心とした、幅広い地域で使用されていることから、中国の公用語に指定されています。私たちがおおよそ一般的に中国語を学ぶ際は、この北京語を学びます。

中国国内には、北京語の他にも様々な言語が存在しています。南部で使用される広東語や、南東部で使用される上海語など、方言のような形で多く存在しています。しかし、文化の違いから、方言のレベルを通り越して、別言語となっている地域もあるため、現在中国政府の政策で、公用語である北京語の普及を進めている状況です。

中国語の発音とは

どの言語においても、発音は非常に重要な要素です。発音を間違えてしまうと、全く意味の異なった文章になってしまい、会話が成り立たなくなってしまいます。そのため、円滑にコミュニケーションを取る為に、発音を学ぶことはとても重要です。

中国語は、私達の日本語と同じく、母音や子音で成り立っています。母音と子音は、多くの言語に共通しているもので、日本語や英語と同じく中国語にもあります。しかし、中国語にはさらに「声調」と呼ばれる要素があります。

声調とは声の音の高い・低いを表すもので、音程によって言葉を使い分けないといけません。英語でも「th」「e」「a」などのスペルを使い分けて発音するのと同じく、中国語にも単語や文脈で発音を使い分けないといけないのです。中国語会話を学ぶ際は、発音に特に注意する必要があります。

中国語を学ぶには

現在、中国語の需要が非常に多くなっています。経済的な交流が活発になればなるほど、重要性は高まっていきます。ビジネス分野では、中国語を学びたいという方も多く、中国語の語学スクールが大変人気となっています。

しかし、私達は中学校、高校と外国語では英語の教育を受けてきました。そのため、中国語に対しての知識がない方がほとんどです。そのため、中国語の学習をしたいけれど、どうやって始めていいのか分からない方も多いことでしょう。

そこで、中国語を学習する際は、【網野式】動詞フォーカス中国語入門を活用してみるといいでしょう。初心者から学べる内容となっているので、これから中国語にチャレンジしていたいという方には最適の教材です。

これからますます中国との結びつきは強くなっていくことでしょう。ビジネス面でも文化面でも、中国語のスキルは非常に役に立ちます。是非【網野式】動詞フォーカス中国語入門で中国語を学んでみてはいかがでしょうか。
【網野式】動詞フォーカス中国語入門 約6時間のネイティブ音声付き メールサポート付き ~初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ~

このページの先頭へ