中国語入門とは?中国語おすすめの入門書・入門テキストとは

最近は世界的にも中国が注目されていますので、昔に比べて中国語を勉強する方も増えています。

日本への中国人観光客数も増加していますので、サービス業の方などは必要に迫られて中国語を勉強しているという方も多いのではないでしょうか。

中国語は、英語とは異なり中学校や高校の授業で勉強するものではありませんので、勉強する際には多くの方が中国語初心者と言えますよね。

そこで、中国語入門の教材やテキストはどのようなものなのか、また中国語入門書や入門テキストはどういったものがおすすめなのかについてまとめました。

【網野式】動詞フォーカス中国語入門 約6時間のネイティブ音声付き メールサポート付き ~初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ~

中国語入門とは?

中国語入門というフレーズの付いたテキストや教材は数多くありますよね。

大学で中国語の授業を選択していた、あるいは中国に留学していたという方もいると思いますが、自分で中国語を学ぼうとした場合、多くの方は中国語を基礎から勉強しますよね。

そうなると、やはり一番初めは中国語入門という初心者向けの教材やテキスト、参考書などを手に取るでしょう。

中国語入門のテキストや教材は、そういった一から中国語を勉強する初心者向けに発行されているものとなります。

ただ、初心者向けに発行されているテキストや教材といっても、現在は非常に数多くの種類があります。

では、中国語入門書や中国語入門テキストは、どういったものがおすすめなのでしょうか。

中国語おすすめの入門書・入門テキストとは?

中国語の入門書、入門テキストは、どういった内容なのかをしっかりと吟味して選ぶことが重要です。

中国語の入門書、入門テキストは、基本的には初心者向けに書かれているものですが、当然内容はテキストごとに異なります。

例えば、実践的な中国語会話を中心に学ぶことが出来るタイプもあれば、文法からきちんと習得できるタイプ、CD教材でリスニングや発音を学ぶタイプなどもあります。

そのため、自分がどの程度中国語を勉強したいのか、何を中心に勉強を進めるのかによって選ぶ入門書や入門テキストが変わってきます。

もし簡単な会話や聞き取りが出来る程度で良いということであれば、中国語会話に特化した教材で問題ないでしょう。

ただ、真剣に中国語を学びたい、中国語を基礎から学んで使いこなせるようになりたいという方は、会話やリスニングを中心とした簡単な教材だけでは足りないでしょう。

そこで、中国語をしっかりと勉強したいという方は、中国語の文法から学べる教材を選ぶのがおすすめです。

本気で勉強したい方におすすめの中国語教材は?

本気で勉強したい方におすすめの中国語教材は、中国語の文法をしっかりと学べる教材です。

中でも特におすすめなのは、【網野式】動詞フォーカス中国語入門です。【網野式】動詞フォーカス中国語入門は、中国語の動詞に焦点を当てて勉強をする教材です。

【網野式】動詞フォーカス中国語入門では、いわゆる短期集中型の教材ではなく、中国語を基礎からじっくりと勉強することが出来ます。

中国語を自由に使いこなせるようになりたいという方は、応用力を身に付けるためにも文法をしっかり学ぶことは必須と言えます。

【網野式】動詞フォーカス中国語入門は、そういった本気で中国語を勉強したいという初心者の方にぴったりの教材となりますので、非常におすすめです。

【網野式】動詞フォーカス中国語入門 約6時間のネイティブ音声付き メールサポート付き ~初心者から本気で本物の中国語を身につけたい方へ~

このページの先頭へ